スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

語ってみよう 「ロードス島戦記」!

手抜きですいませんが、ミクシィの日記のこぴぺです。


バトンの回答!


お題 「水野 良」

よし、水野良/ロードス島戦記 ってことにしておこうw


1. 最近思う『水野良』

うーん、最近思うことは、水野良がGAの監督やってるってのがいまだに信じられませんw

まあ、これだけだとなんなので。
最近読んだ水野良さんの作品は「黒衣の騎士」。

主役がアシュラムなこの作品。ページ数自体はそんなに多くないはずなのに、なぜか超大作に見えてしまう!それぐらい内容が濃い&面白い!


この本は短編からなっています。で、印象的なシーンをいくつか

アシュラムがパーンのことをどう思っていたか、が垣間見れるシーンがあります。
強敵とかいて とも と読む!
ってのは、ちょっと違いますが、互いに互いのことを、剣士として人として尊敬してる ってのがわかりますね。

あとは、バグナードの意外な一面がみれるのもいいです。
っていうか、敵側(マーモ側)の人間ってすげえ優秀な人が集まってる気がするw


で、やっぱりベルド陛下好きの私としてははずせないのが、アシュラムとベルドが戦うシーンでしょうか。
計算された残忍さをもって、野望に燃えるアシュラムがベルドに叩き潰されるシーンが大好きです(笑)

ベルドはダメージくらったときのセリフ
「おまえで4人目だ」
がかっこよくて好き。こんなこと言ってみたい(笑


アシュラムもまた「ロードス島戦記」全体で成長していったわけですが、敵側だけでもこんなにドラマがあるってのは作家=水野良の実力だと思います。


総じて水野良作品は、ただ主人公がいるだけでなく、脇役(それこそ名前のない下っ端から、酒屋のおっさんまで)全員が「生きている」ってのがいいところだと思います。・・・、あまり上手くは表現できませんが。

これで、ロードス島の方の話をだすと書ききれないんでこの辺でやめときますwこれでも、抑えてかいたほうw


02.この【水野良】には感動

しまった、↑でだいたい書いちゃった・・・。
感動、感動、かんどう・・・。
やっぱり一番感動したのは「ロードス島伝説」でしょうか。
あれは、1~5巻まで全ての巻において感動したシーンがありました。
一つ一つあげるとキリがないので止めておきますがw
あとはロードス島戦記の最終巻。
「呪われた島とよぶものはもういない」
ってところで、これまでのあらすじが思い出されて、ぼろぼろないてた記憶があります。


03.直感的【水野良】
我が心の師(勝手に任命)


?04.この世に【水野良】がなかったら(いなかったら?)
人生の楽しみが1/3ぐらいになってたかも・・・。
実際、ロードスがきっかけでどうこうっていう行動はたぶんないけど、読んでたり、考えてたりすると、すっごく楽しいです。


5.【水野良】をマイミクさんに譲渡するとすれば誰にあげる?
今からでも遅くない、みんなロードス島戦記を読むんだ!(笑)


07.次に回す10人(【指定】付きで)
あらあら、まあまあ、どうしましょうか。

っていうか、10人って、マイミク全員たして丁度なんですが・・・。まあ、いいですけど・・・。


バルサミコ酢~ とかいいつつ 今日はもう寝ます。
?


黒衣の騎士/水野 良
¥504
Amazon.co.jp


画像でないし;;アシュラムが表紙なんですよー>、<


コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
リンクフリー&相互リンク募集中!
メッセージは、コメント、拍手からどうぞ~

FC2ブログランキングに参加してます。

GBRに参加しています。

アルテイル・攻略ブログ
最新記事
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。