スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファラリス神官

特にネタがないので有名(?)なファラリス神官を挙げてみます。

「闇の大僧正 ショーデル」(ロードス島戦記)

暗黒皇帝ベルド亡き後、マーモ帝国を支えていた評議会の一人。ロードス島、ファラリス神官の最高指導者。かなり重要な地位にいるはずだが、出てくるシーンはあんまりない。直接戦っている描写もない。最後は、ファリス神官数十人を道ずれに死亡。このことから、かなりのレベルであったことが推測される。

笑顔で人を殺せるナイスガイ。

アニメ版では、姿どころか名前すらでてきたか怪しいところ。


「闇司祭 オルフェス」(神ロードス島戦記)

禁呪(ワードパクト)を使い、拳で戦う神官。ファリス神官を全滅させたり、主人公のスパーク達を全滅寸前までおいこんだりしたすごい人。

「秩序は人それぞれ。そして、無限個の秩序は無秩序と何の違いもない」という信念を持っていた。自らの意思に反して行動する人間を嫌う。


「デル・シータ」(サーラの冒険)

サーラの冒険のヒロイン。主人公にかかった呪いをとくために、自らデーモンと融合した。ファラリスの力は使う人次第といういい例でしょうか。

デーモンは暗黒魔法を使えるから、リムーブカースやキュアウーンズを使えるんですね、読んでたときはすっかり忘れてて、なんで呪を解けるんだろう?って思ってました。

最終的に、パーティの中で一番高いレベルになってました(ファラリス 7  (記憶によると))。


他にも、魔法戦士リウイに出てきた、女性のファラリス神官やら、新ロードス島にでてきた、スパーク側についた人やらもいますが、省略で。


総じてファラリス神官は穏やか(特に見た目)な人が多い気がします。自分の好きなように生きているからストレスがたまらないのでしょうか。逆にファリス神官は短気、頑固な人が多いイメージがあります。仕事熱心だからでしょうか。

↑の人々を参考にしつつ、ファラリス神官ぽい行動を考えておくことにします。


やっぱりヒーローになりたい!―サーラの冒険〈6〉/山本 弘
¥588
Amazon.co.jp





コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
リンクフリー&相互リンク募集中!
メッセージは、コメント、拍手からどうぞ~

FC2ブログランキングに参加してます。

GBRに参加しています。

アルテイル・攻略ブログ
最新記事
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。