スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せつな、みちる、かおるVSシビレッタ (プリキュア二次創作)

 激しい光に包まれたあと、みちる達が目を開けると、そこは何もないだだっぴろい空間だった。上を見上げると灰色の天井が見えるので室内のようだが、左右を見渡しても壁が見えなかった。
「どうやら皆バラバラの場所に飛ばされたみたいね」
「進んでいけば、きっと他の皆に会えるはずナツ!」
 ナッツがみちる達を励ますように声をかけた。
「そうね」
 かおるとせつながナッツの言葉にうなずく。
(はやく戻って、みのりちゃんにぺたぺたしたいわ)
「三人で頑張っていきましょう。私はみちる。こっちはかおる。改めてよろしく、せつな」
「ええ。よろしく」
 三人は互いに右手を出して乗せあう。
「僕たちもいるムプー」
「そうフプー」
 三人の上を飛び回っていた、ムープとフープもそこに手を載せ、
「ナッツも頑張るナツ」
 最後にナッツが手を差し出す。
 そして、全員が顔を見合わせて、
『うん』
 と頷いた。


「不思議ね、私達って似てる気がする」
 かおるがせつなに話しかける。
「ええ、私もそう感じるわ。どうしてかしら」
 その時、突然頭上からしわがれた声が振ってきた。
「ふぇふぇふぇ、それはねぇ、お前さんたちの本質が『闇』にあるからだよ」
『誰!?』
 三人の前に黒いもやのような空間にゆがみが生じる。ゆがみはどんどん大きくなっていき人が通れるくらいになった頃、闇の中からきのこのような頭をした老女が現れた。
「シビレッタ!どうしてお前がここにいるナツ?」
 ナッツは警戒の声をあげ、他の皆を守るように先頭に立つ。一方、ムープとフープはおびえた様子でみちるとかおるの後ろにいそいで隠れた。
「お前さんがそれを知る必要はないねぇ」
 精霊達の動きに注意を払うことも無く、シビレッタは懐から一冊の本を取り出した。
「みんな気をつけるナツ!あの本の中ではあいつの都合のいいように世界が作られているナツ!」
「どういう事?」
 せつながナッツに尋ねると、
「ふぇふぇふぇ、こういうことさ!」
 シビレッタはしわがれた声で本のページを開き、中身を読み始める。
『昔々あるところに、皆の笑顔を奪って不幸へと導く少女がいました』
 すると、本から闇が広がっていき、その場にいた全員を飲み込んだ。
 体に妙な浮遊感があり、その間せつなはぎゅっと目をつぶっていた。やがて、地面に足がつく感覚を感じ目を開けてみると、そこにはせつなの見知った光景が広がっていた。

「ここは・・・、クローバータウン?」
「違うナツ!ここは本物じゃなくて、あいつが作り出した世界ナツ!」
 ナッツがそう叫ぶとほぼ同時に、
 ドン!
 重たいものが地面に落ちるような音と共に、地面が小さく揺れた。
 ドン!
「何かが近づいて来てるわ!」
「あれは・・・」

(続く)

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
リンクフリー&相互リンク募集中!
メッセージは、コメント、拍手からどうぞ~

FC2ブログランキングに参加してます。

GBRに参加しています。

アルテイル・攻略ブログ
最新記事
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。